猫の誤飲による治療費は?

この記事は約4分で読めます。

こんにちはアレ父です。
昨年の4月頃に生まれた保護猫を買うことになり、初めてのペットとの生活に苦労しています。
昨年のクリスマスにその猫ちゃんがヒモを誤飲してしまい夜間の動物病院に行くことになりました。

その時の様子や治療費などを紹介します。

アレ父
アレ父

ビックリするくらいの治療費やったけどしょうないわ!

今後は注意が必要やね。

スポンサーリンク

ヒモ遊びが好きな猫

我が家の猫はヒモ遊びが大好きなんです。

その猫ちゃんとヒモで一緒に遊んでいました。

ヒモ自体は長さ1メートルくらいの本についているシオリのようなヒモです。

その日もヒモを追いかけてくるので、コタツの周りをグルグル回して一緒に遊んでいたのです。

スポンサーリンク

遊び終わった後・・

猫ちゃんが遊び疲れたのか、コタツの中に潜って行ったので、そのままヒモを置いた状態で食卓でご飯を食べました。

しばらくすると、猫ちゃんが起きてきて「ミャー、ミャー」と呼ぶのでまた遊ぼうかとヒモを探すと

そのヒモが見つかりません。

いくら探してもヒモが見つからないので、心配になり「もしかして誤飲」と疑うようになりました。

インターネットで調べたところ、誤飲の場合はまだ胃の中にあるウチに摘出しないと腸まで行くと手術になる事がわかったので、急遽病院に向かうことにしたのです。

スポンサーリンク

夜間対応の動物病院

その日はクリスマスという事もあってお酒も飲んでいたので、タクシーを呼ぶ事に。

子どもは心配そうにしていましたが、夜も遅くなるので家にお留守番してもらう事にしました。

夫婦でタクシーに乗って動物病院に行くのですが、猫ちゃんの状態は全然普通なのです。

動物病院には伺う前に電話していたので、到着後はすぐに診療へと案内してくれました。

スポンサーリンク

動物病院

診察ではまずレントゲンを撮る事になりました。

それから、胃の中を確認するのですが、猫ちゃんがご飯を食べた後でもあった為、ヒモがあるのかどうかがわかりませんでした。

仕方ないですが、「もしも」を考えて鎮痛剤のようなモノを投与して猫ちゃん自身の吐き気を促すという方法をしてみる事に。

この方法では鎮痛剤が効くまでの間に副作用として吐き気があらわれる事があるとの説明を受けました。

しかし、あくまでも副作用

必ずしも吐き気が出るわけではないとの事でした。

しばらくの間、待合室で待つことになりました。

 

30分くらいは待ったでしょうか?

呼び出されると猫ちゃんの姿はありません。

医師
医師

今回は副作用では吐きませんでした。

この後は鎮痛剤の効果で眠っていますので、ヒモは摘出をする方がイイと思います。

その場合は内視鏡の処置を行います。

その後猫ちゃんは一晩こちらで預かりますので、今晩はおかえり下さい。

アレ父
アレ父

え?

帰れないんですか?

医師
医師

内視鏡のあとにもしもの事があると困ります。

今晩はお預かりとなりますね。

ちなみに合計で10万円の費用がかかりますがどうされますか?

このようなやりとりだったと思いますが、突然の選択を迫られる事となったのです。

私たちとしてはヒモは除去して欲しい。

けれどレントゲンでははっきりと写ってはいない。

しかし、もしもの時にヒモが腸までいくと大変な手術になってしまう。

しかも費用が10万円!!

しばらく考えましたが、猫ちゃんの為にも内視鏡をお願いする事にして一旦帰る事になりました。

帰宅してからしばらくすると、

医師
医師

無事にヒモが摘出する事ができました。

今は安静にしてますので安心して下さい。

無事に内視鏡を終えた事を電話にて知らせてくれました。

やっぱりヒモを飲み込んでいたんです。

スポンサーリンク

翌朝

そして翌朝

翌日は朝一番の9時からお迎えが可能だということでしたので、朝一番にお迎えに行きました。

コロナ禍という事もあり、駐車場で待つ事に。

しばらくすると猫ちゃんとご対面。

この時ほど猫ちゃんに会えて嬉しかった事はないです。

アレ父
アレ父

ほんとに忘れる事のないクリスマスになったわ^^

最後に実際にかかった治療費の明細書の写真をアップしておきますので参考にして下さい。

正直に言って高いと思いましたが、これが妥当な金額なのかはわかりません。

皆様の猫ちゃんにはこんな事がありませんように^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました