ビジネスで成功する為に必要な事は『思いやり』

この記事は約3分で読めます。
アレ父
アレ父

今回紹介するのはこの本^^
「1兆ドルコーチ」やでぇ〜

この本はAppleやGoogleなど数々のアメリカIT企業のコーチとして活躍した人物ビルキャンベルの事が書かれたビジネス書になっています。

スポンサーリンク

1兆ドルコーチ

この本はビルキャンベルに実際に教えを受けた人達が、ビルキャンベルの死後、この教えを広めたいと作った本なんだそうです。

アレ父
アレ父

そして、この本を読み終えたワシもこの本を広めたいと思ったんや^^

この本は誰が作ったのか?

作者紹介

シュミット,エリック
2001年から2011年まで、グーグル会長兼CEO。2011年から2015年まで、グーグル経営執行役会長。2015年から2018年まで、グーグルの持株会社アルファベット経営執行役会長。現在はグーグルとアルファベットのテクニカルアドバイザーを務めている

ローゼンバーグ,ジョナサン
2002年から2011年まで、グーグルの上級副社長としてプロダクトチームの責任者を務めた後、現在はアルファベットのマネジメントチームのアドバイザーを務めている

イーグル,アラン
2007年からグーグルでディレクターとしてエグゼクティブ・コミュニケーションの責任者、セールスプログラムの責任者を歴任している

櫻井祐子
翻訳家。京都大学経済学部経済学科卒。大手都市銀行在籍中に、オックスフォード大学大学院で経営学修士号を取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

「BOOK著者紹介情報」より

アレ父
アレ父

Googleの関係者で作られた本やねんなぁ〜

Googleの事は皆さんご存知だと思いますが、企業当初は検索エンジンの会社として「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」を経営理念(ミッション・ステートメント)に掲げている大変有名な企業です。

このGoogleを作った人はラリーペイジセルゲイブリンの2人です。

若くして会社を上場するまでに至った2人は株主から若すぎるとの声もあり、エリックシュミットも加えた3人で会社を経営する事になったらしいのです。

そのエリックシュミット達が書いた本が「1兆ドルコーチ」と言うわけです。

アレ父
アレ父

エリックさんが色々な困難に立ち向かう時に相談に乗っていたコーチが本書のビルキャンベルと言う人物になるんやなぁ〜

ビルキャンベルとは?

アメフトのコーチ出身でありながら、優秀なプロ経営者。ジョブズの師であると同時に、グーグル創業者たちをゼロから育て上げたコーチ。アマゾンのベゾスを救い、ツイッター、ユーチューブCEOらを鍛え、たった1人で、シリコンバレー中の企業に空前の成功をもたらした伝説のリーダー、ビル・キャンベル。これまで謎に包まれてきたその驚くべき教えのすべてがいま、初めて明らかに―。「BOOK」データベースより

アレ父
アレ父

ここでも書いている通り、ビルキャンベルはアメフトのコーチを長くしてたんやなぁ。

なぜアメフトのコーチがビジネスの世界へ転身したのか?
そしてなぜビジネスの世界のコーチとして成功したのか?
これまで表舞台へ登場する事を嫌った人物だったビルがどうして本になったのか?
色々な謎がある人物ですが、この本を読めば分かります。

そんな本の内容をこれから少しだけ紹介したいと思います。

ネタバレになるので、自分自身で本を読みたい方はココから先は見ないで下さいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました